1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 /

1981'Photography, Be yourself.'

今の自分は嫌いかもしれない

3rd Dec,2023

今の自分は嫌いかもしれない

3rd Dec,2023

5日前くらいから一気に体調を崩してずっと大人しく過ごしていた。
今日、色々なことをクリアしながら始動している。

半年くらいの長いスパンで動いている仕事がある。
おそらく今月で終わるんだけど、
どうも最後までフワフワしている。

縛りのための制作をして、
縛りのための修正をしている。
縛りがなけばもっとクオリティが高く時短もできる。

僕は途中まで仕上げて別の会社にデータを渡す。
けど、修正が入って結局最終ファイルまで僕が触る。

一昔前なら効率が良くなる方法へ整備していかないと!と、
ディレクターに、関連会社に声を挙げていたはず。
けど今はそんな余力はない。情熱がない。意味がないと思っている。

一旦作業もキリが良くなって休憩。
今の僕にとって一番相性の良い休憩は写真整理。

動画は脱線してモチベーションまで失ってしまう笑
写真はなんとなく、気持ちがシャンとする。

RAWファイルで撮影し始めたのは最近。
と言っても15年前くらいからかな。

jpgしか知らなかった20年くらい前、
ビックスクーターで日本をたくさん旅をして、
ロンドンに留学して、たくさん写真を撮っていた。
あたらめて見返すといい写真ばかり。

昔やっていたブログも流れで見てしまう。
言葉は少し幼稚だけどいい文章だった。

誰に媚びることなく、僕の気持ちが蘇る、いい文章。

ふと外を見る。

ベランダから見えるいつもの公園。
今日は少し灰色がかったような小麦色に見えた。
何かの匂い、情景の色がフィルターされているように。
僕が僕らしかった冬の記憶をたくさん重ねてみた。

少し前まで僕は公園を越えた奥に広がるビル群の更に奥を見ていた。
広い世界を、見ていたんだと思う。
もっと進まないと、もっと広がらないと。

良いことだと思っていたし、正いことだと感じてた。
けど本当なのか?今僕が感じた公園の匂いとは違っていたぞ。

本当に高みを目指して、人として成長することが必要なのか。
昔生きていた狭い世界はダメなのか。

直前まで疲弊してた心を変えてくれた写真。
少なくとも今の僕には必要な世界だと思った。

狭い世界、けど豊かな世界だった。

12月のせいなのか、
改めて自分らしさについて向き合う。
すごくいい人生を送らせてもらっている。
その起点には必ず自分らしさが種となり芽生えたはず。
そしていつも写真がそばにあった。

ずっと感じてた虚しさは、
水をやる種を見失っていたのかもしれない。

独断の集積