1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 /

1981'Photography, Be yourself.'

美意識

16th Oct,2021

美意識

16th Oct,2021

スッキリとしない空のもと、今日は曇り。
休日の昼下がりに身体を動かしにジョギング。
東京の、なんてことはない運河の小波を横目に
いろいろ想いふけながらひたすら足を前に動かし、汗をかく。

地元の人がゆったりと過ごすロードから、
ぐるりと他からの人で賑わうエリアを通り抜ける。
駅も近くなる頃、ふと遠くにいわゆる”スタイルの良い”女性が歩く。

ふと、思考を振り返る。

「”スタイルがいい”ってなんでそう思うんだろう」
「形が綺麗ってことかな」
「綺麗な形ってなんだろう、誰から教わったわけでもないのに」

これって美意識というものなのかな。

そんなに変わった美意識を持っている自負もないが、
今の世の中に生きている人はある程度同じような美意識を共有している気がする。
この現象はなんなんだろう。

とはいえ、美意識を振り下げていくと固有の意識が存在していて、
きっとそれは写真でも同じことが言えるんだろう

例えば僕はこれが美しいと思う。
説明はできない。

でもこの意識が共感を生むとはあまり思っていない。
そして本当はそういう表現に生きがいを感じているんだと思う。
でも同調から外れるのが怖くて、突っ走れない。

きっと弱いんだと思う。

でもその弱い部分も個性として
己の美意識と掛け合えわせれたら
それはそれで面白い何かができるんじゃないのかな

独断の集積