1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 / 1981 /

1981'Photography, Be yourself.'

甲武信ヶ岳 – Mt.KOBUSHIGATAKE

16th Nov,2019

甲武信ヶ岳 – Mt.KOBUSHIGATAKE

16th Nov,2019

甲武信ヶ岳、甲州(山梨)・武州(埼玉)・信州(長野)の3県に股がる標高2,475mの山。

妙義山はゼロポイントとして、
登山への第一歩、奥秩父山塊の百名山から。

[su_spacer size=”40″]

[su_spacer size=”40″]

4時に起床し山梨方面への道中は激しい雨。
妙義のような妖気漂う空気感での登山を少し、いや、かなり期待していた。
そんな想いとは裏腹に、夜明けの甲武信ヶ岳の空は晴れた。

[su_spacer size=”40″]

[su_spacer size=”20″]

[su_spacer size=”40″]

そう、とにかく険しかった甲武信ヶ岳である。

[su_spacer size=”40″]

続く急登に展望はなし。

木の根がはりつめる厄介な登山道を抜けると、
ザレ場、ガレ場のオンパレード。そして岩場。

過酷。と声が思わず漏れる。

[su_spacer size=”40″]

[su_spacer size=”10″]

[su_spacer size=”40″]

木々に囲まれている醍醐味は森林の美しさ。
木漏れ日に照らさせる木々や、その光で輝く苔達。

樹林帯から頂くパワーもいいもんだ。

[su_spacer size=”40″]

[su_spacer size=”20″]

[su_spacer size=”20″]

[su_spacer size=”10″]

[su_spacer size=”20″]

[su_spacer size=”40″]

さすが2000mを超える名峰、そう簡単には終わりは見えず。

今回は時間の関係上、展望がひらけた残り100mのところから下山。

[su_spacer size=”40″]

[su_spacer size=”10″]

[su_spacer size=”20″]

[su_spacer size=”40″]

登頂は叶わなかったが、頂きは一つの目安、全てではない。
どう山を楽しんだか。そういう意味では十分すぎるほどによく登った。

10年物のザックは汗でびっしょりと重さとしてのし掛かり、
数年前に買った簡易的な登山靴は故障寸前だ。

「登山は楽しいな」、そう素直に思えた。

正直登っていると辛いしか感じれない。
けど、木々は美しい。
身体もしっかりとリアクションしてくれる。

きっと続きそうだ。
そう思いながら頭の中は次の山かぁ。と想いを馳せる

[su_spacer size=”40″]

「登山靴を慎重してもいいだろうね」

下山して汚れた衣服を着替えた僕はそう呟いた。

[su_spacer size=”40″]

Hasseleblad 500C/M + Planar 800mm F2.8 6枚玉

読む