1981'Photography is freedom'

誰も僕の何も見ていない

4th May,2021

誰も僕の何も見ていない

4th May,2021

写真集を作らないといけないんじゃないか。と思うことがある。

1年前までは表現の場は展示会しかないと思っていた。
なので躍起となって動いた、今も。

つまり撮った写真たちを飾るギャラリーという場所でストーリーを考えながらサイズや写真を選定したり。長い間準備をする。企画して、案内となるウェブサイトをこしらえて、SNSで告知する。期間中は在廊し、お足を運んでくださった方々から次へのパワーをもらう。

展示会というのが、僕の表現の場だった。

だけど展示期間が終わって、作品たちが家に戻ってくるたびに、言葉では言い表せない気持ちが僕全体を覆う。満足感でもない満たされない気持ちでもない、夢のような期間だったわけでもない、作品たちはそこにいる。

展示会の企画から終わりの搬出まで、僕はいろいろなことを考えながらいろいろな物事を発信する。だけど、実は、僕が気にするほど、僕が発信していることは誰も見ていないだと思う。

展示会を重ねるごとに新しいことをへの挑戦と銘打って挑む。長い期間と費用を費やし、それなりにパワーも使う。だけど、誰も見てなんかない。悩みや葛藤、苦労して進んできている何もかも、誰も気がついていない。

写真を見ている。

2年間、数多くの展示の機会を運良く頂き続けました。
これからは作品集を作るべきなんだと感じる。

もっと僕の写真を、いつもで、身近な場所で、ふとしたときでいいので。
見てもらえる次の動きを。

  • Share Post